【決定版】マルク・ブロックを解説【功績・経歴・代表作】

〈noteの最新記事〉

1年~2024年までの世界経済を徹底分析!

「世界経済はどのように誕生したのか?」
「経済格差はいつ生じたのか?」
「AIがもたらす“第4次産業革命”とは?」

【大好評】歴史学の基本を5分で学べる無料記事はこちら↓

目次

マルク・ブロックとは

影響力
作品
マルク・ブロックとは?

マルク・ブロック(1886-1944)はフランスの歴史学者です。

アナール学派(地理学・経済学・社会学など他の学問にまたがった歴史研究を行う学派)の創設者の一人です。

中世ヨーロッパを専門とし、社会関係などを扱う社会史を得意としました。

経歴

出生~学生時代
1886年

フランスのリヨンに生まれる。

実家はユダヤ系の家柄であった。

父は古代ローマを研究する歴史学者で、リヨン大学の教授を務めていた。

1904年

高等師範学校に入学する。

社会学者のエミール・デュルケムに影響を受け、のちのアナール学派創設の基礎が築かれる。

ここで歴史と地理の教授資格試験に合格する。

1908年

ドイツに留学し、歴史学を学ぶ。

1909年頃

ドイツから帰国し、チエール財団の研究者となる。

ここでは、主にイール・ド・フランス地方の農村社会について研究した。

リセの教員時代~第一次世界大戦
1912年

モンプリエのリセの教員となる。

アンリ・ベールが主催する『歴史総合評論』に記事を連載する。

1913年

アミアンのリセの教員となる。

『歴史総合評論』の連載が書籍化される。

1914年

第一次世界大戦が発生する。

ブロックはフランス軍に招集され、ドイツ軍と戦う。

ストラスブール大学・ソルボンヌ大学の教員時代
1919年

ストラスブール大学の助教授となる。

ここでリュシアン・フェーヴルと出会う。

1920年

論文『王と農奴』により学位を取得。

ストラスブール大学の教授となる。

1924年

『王の奇跡』を発表する。

1929年

リュシアン・フェーヴルとともに『社会経済史年報』を創刊する。

これがアナール学派の始まりとなる。

『社会経済史年報』の編集委員には、歴史学者のアンドレ・ピガニヨル、ジョルジュ・エスピナス、アンリ・ピレンヌ、アンリ・オゼールの4人に加えて、社会学者のモーリス・アルヴァクス、経済学者のシャルル・リスト、政治学者のアンドレ・シーグフリート、地理学者のアルベール・ドマンジョンがいた。

1931年

『フランス農村史の基本性格』を発表する。

1936年

ソルボンヌ大学の教授となる。

経済史を担当した。

第二次世界大戦~死亡
1939年

第二次世界大戦が発生する。

ブロックもフランス軍に動員される。

1939年~1940年

『封建社会』全2巻が発表される。

1940年

第二次世界大戦におけるフランスの敗北を分析した『奇妙な敗北』を執筆する。

1944年

第二次世界大戦中、フランスでレジスタンス活動を行う。

ゲシュタポ(ドイツの秘密警察)に逮捕され、銃殺される。

1949年

リュシアン・フェーヴルによって遺作『歴史のための弁明』が出版される。

特徴

特徴

専門分野は中世ヨーロッパで、社会関係などを対象とする社会史の研究を得意としました。

また人間の思考・心情を研究対象とする心性史の視点を取り入れることもあります。

歴史学に関連する他の学問についても知るべきだと考え、実際に民俗学・言語学などの視点を研究に取り入れました。

比較史(複数の地域を比較して考察していく歴史研究)の手法を用いるのも特徴です。

フランスの軍人でもあり、最期はレジスタンス運動の末に銃殺されました。

学問上の功績

アナール学派を創設するなど、歴史学の研究対象の拡大に貢献しました。

共同創業者であるリュシアン・フェーヴルとともに、アナール学派の第一世代を牽引しました。

当時の歴史学は政治史・軍事史などに偏っていましたが、経済史・心性史・社会史などのジャンルを普及させていきました。

ブロック自身も、これまでの常識にとらわれない歴史研究を行いました。

その功績は大きく、歴史学の発展に大きく貢献したと言えます。

代表作

マルク・ブロックの代表作は?

代表作は『王の奇跡』、『フランス農村史の基本性格』、『封建社会』などです。

また遺作である歴史哲学書『歴史のための弁明』も有名です。

王の奇跡

『王の奇跡』は、1924年に発表されたマルク・ブロックの作品です。

『奇跡を行う王』というタイトルで呼ばれることもあります。

中世のイギリス王・フランス王の治療儀式(王が手で触れることで、瘰癧が治療されると考えられていた)に注目し、王権について研究しました。

フランス農村史の基本性格

『フランス農村史の基本性格』は、1931年に発表されたマルク・ブロックの作品です。

農村史に分類される作品で、11世紀~18世紀のヨーロッパにおける農村を研究し、類型的・段階的に分析しました。

封建社会

『封建社会』は、1939年~1940年に発表されたマルク・ブロックの作品です。

全2巻で構成されました。

これまでの封建社会研究は法制史に偏りがちでしたが、本書は封建社会を様々な視点から分析しました。

フランス、ドイツ、イタリア、イングランド、日本などの封建制が比較されました。

歴史のための弁明

『歴史のための弁明』は、1949年に発表されたマルク・ブロックの作品です。

ブロックの遺作であり、リュシアン・フェーヴルによって編集され、出版されました。

未完成の歴史哲学書で、ブロックの歴史観が記されています。

おわりに

マルク・ブロックは、当サイトの「有名な歴史学者7選」に選出されています。

歴史学者の有名人をまとめて知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。


参考文献

グレーヴィチ,A.Я『歴史学の革新 「アナール」学派との対話』栗生沢猛夫・吉田俊則訳,平凡社,1990.
竹岡敬温『『アナール学派』と社会史―「新しい歴史」へ向かって―』同文館,1990.
バーク,ピーター『フランス歴史学革命』大津真作訳,岩波書店,1992.
尾形勇・樺山紘一・木畑洋一編『20世紀の歴史家たち(4)世界史編 下』刀水書房,2001.
フランドロワ,イザベル編『「アナール」とは何か』尾河直哉訳,藤原書店,2003.
マルク・ブロック『新版 歴史のための弁明』松村剛訳,岩波書店,2004.
佐藤真一『ヨーロッパ史学史』知泉書館,2009.

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

〈noteの最新記事〉

1年~2024年までの世界経済を徹底分析!

「世界経済はどのように誕生したのか?」
「経済格差はいつ生じたのか?」
「AIがもたらす“第4次産業革命”とは?」

この記事を書いた人

■慶應義塾大学文学部日本史学専攻卒
■歴史学の本を年間100冊以上読む
■ブログとnoteを運営中

目次