『地中海』を書評【著者・内容・評価】

〈noteの最新記事〉

1年~2024年までの世界経済を徹底分析!

「世界経済はどのように誕生したのか?」
「経済格差はいつ生じたのか?」
「AIがもたらす“第4次産業革命”とは?」

【大好評】歴史学の基本を5分で学べる無料記事はこちら↓

目次

『地中海』とは

必読レベル
難易度
『地中海』とは?

『地中海』は、1949年に出版されたフェルナン・ブローデルの著作です。

複数の学問の視点から、フェリペ2世時代のスペインを中心とする16世紀の地中海を研究しました。

正式タイトルは『フェリペ2世時代の地中海と地中海世界』です。

背景知識:地中海はどこ?

地中海は、ユーラシア大陸とアフリカ大陸の間にある海です。

16世紀の地中海周辺の有力地域としては、スペイン・ポルトガル・フランス・北イタリア・オスマン帝国などが知られています。

著者

この本の著者は、フランスの歴史学者フェルナン・ブローデルです。

20世紀を代表する歴史学者で、複数の学問分野を統合した総合的な歴史研究を得意としています。

代表作は『地中海』、『物質文明・経済・資本主義』などです。

目次

本書の目次は以下の通りです。

第Ⅰ部 環境の役割

 第1章 諸半島―山地、高原、平野

 第2章 地中海の心臓部―海と沿岸地域

 第3章 地中海の境界、あるいは最大規模の地中海

 第4章 自然の一体性―気候と歴史

 第5章 人間の一体性―交通路と都市、都市と交通路

第Ⅱ部 集団の運命と全体の動き

 第1章 経済―この世紀の尺度

 第2章 経済―貴金属、貨幣、物価

 第3章 経済―商業と運輸

 第4章 帝国

 第5章 社会

 第6章 文明

 第7章 戦争の諸形態

 第8章 結論に変えて―変動局面と経済情勢

第Ⅲ部 出来事、政治、人間

 第1章 1550―1559 世界戦争の再開と終結

 第2章 トルコの覇権の最後の六年 1559―1565

 第3章 神聖同盟の始まり 1566―1570

 第4章 レパントの海戦

 第5章 スペイン・トルコ休戦協定

 第6章 大きな歴史の外の地中海


〔第Ⅰ部〕は、地中海の自然環境、交通、都市などを解説しています。

〔第Ⅱ部〕は、地中海の経済、国家、戦争などを解説しています。

〔第Ⅲ部〕は、16世紀の地中海の出来事について解説しています。

内容

地中海を三層構造で分析

本書は、地中海を三層構造で分析していきます。

三層構造とは、歴史を短期波動・中期波動・長期波動でとらえる考え方です。

  • 短期波動・・・短期的な事件      →地中海の出来事
  • 中期波動・・・中期的な社会状況    →地中海の経済・社会
  • 長期波動・・・長期的に持続する構造  →地中海の地理・環境

この短期波動・中期波動・長期波動を個別に論じることで、地中海を多角的に分析していきます。

絶妙な時代「16世紀」

本書は、16世紀の地中海を研究していきます。

この16世紀は、地中海が繁栄した時代であり、以下のような事象が知られています。

  • スペイン・ポルトガル・イタリア諸都市などの地中海諸国が経済の最盛期を迎えた。(中期波動)
  • スペインの最盛期と言われるフェリペ2世の治世がある。(短期波動)
  • オスマン帝国の最盛期と言われるスレイマン1世の治世がある。(短期波動)

この「地中海の最盛期」ともいえる時代を研究対象とすることで、質の高い内容を実現しています。

評価

総合評価

地中海
総合評価
( 5 )
メリット
  • 歴史学の幅広い研究に網羅的に触れることができる
  • フェリペ2世時代のスペインを深く理解できる
デメリット
  • ボリュームが多い。(約400ページ×5冊)

地理・経済・社会・事件など複数の視点から、フェリペ2世時代のスペインを中心に16世紀の地中海を分析した作品です。

幅広い研究がなされており、歴史学でよくある研究の視点が網羅されています。

いわゆる「三層構造」(※「内容」の章で解説)が用いられており、筆者の個性が感じられる構成となっています。

知名度は非常に高く、歴史学の必読書とされることも多いです。

歴史学を本気で勉強したい人におすすめ

古典として読み継がれているだけあって、内容の充実度はかなり高いです。

幅広い分野の視点から分析されているため、歴史学のものの見方を一通り体験できます。

初学者には少し難しいかもしれませんが、歴史学を本気で勉強したい人におすすめの作品です。

ボリュームが多すぎて挫折しやすい

本書は、歴史学の本のなかで最上位のページ数の多さです。(約400ページ×5冊)

また地名や人名がたくさん出てくるため、背景知識がないと読みにくいかもしれません。

量・質ともにレベルが高く、挫折しやすい作品となっています。


『地中海』の日本語版をAmazonで確認する

おわりに

本書は、当サイトの「歴史学のおすすめ本7選」に選出されています。

歴史学の代表的な作品に興味がある方は、こちらの記事もおすすめです。


参考文献

グレーヴィチ,A.Я『歴史学の革新 「アナール」学派との対話』栗生沢猛夫・吉田俊則訳,平凡社,1990.
竹岡敬温『『アナール学派』と社会史―「新しい歴史」へ向かって―』同文館,1990.
バーク,ピーター『フランス歴史学革命』大津真作訳,岩波書店,1992.
尾形勇・樺山紘一・木畑洋一編『20世紀の歴史家たち(3)世界史編 上』刀水書房,1999.
フェルナン・ブローデル『〈普及版〉地中海 Ⅰ 環境の役割』浜名優美訳,藤原書店,2004.
フェルナン・ブローデル『〈普及版〉地中海 Ⅱ 集団の運命と全体の動き 1』浜名優美訳,藤原書店,2004.
フェルナン・ブローデル『〈普及版〉地中海 Ⅲ 集団の運命と全体の動き 2』浜名優実訳,藤原書店,2004.
フェルナン・ブローデル『〈普及版〉地中海 Ⅳ 出来事、政治、人間 1』浜名優実訳,藤原書店,2004.
フェルナン・ブローデル『〈普及版〉地中海 Ⅴ 出来事、政治、人間 2』浜名優実訳,藤原書店,2004.

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

〈noteの最新記事〉

1年~2024年までの世界経済を徹底分析!

「世界経済はどのように誕生したのか?」
「経済格差はいつ生じたのか?」
「AIがもたらす“第4次産業革命”とは?」

この記事を書いた人

■慶應義塾大学文学部日本史学専攻卒
■歴史学の本を年間100冊以上読む
■ブログとnoteを運営中

目次